SRTバイパー(ニューヨークモーターショー12)

クライスラーグループは4日、米国で開幕したニューヨークモーターショー12において、ダッジ『バイパー』の後継車、SRT『バイパー』を初公開した。

バイパーは1989年1月、デトロイトモーターショーに、コンセプトカーとして登場。当初は3年間だけ少量限定生産する計画で、1990年に市販バージョンの『バイパーRT/10』が発表された。エンジンは8.0リットルV型10気筒ガソリン(最大出力400ps)を搭載し、1992年5月から生産がスタートした。

2003年には初のモデルチェンジを受けて、『バイパーSRT/10』が誕生。V10エンジンは排気量を8.3リットルへ拡大し、最大出力は510psを獲得した。2008年には排気量を8.4リットル(最大出力600ps)にアップした『バイパーSRT10』に進化。1992年の生産開始から17年間の累計生産台数は、2万5000台以上に到達している。

今回発表されたバイパー後継車は、従来のダッジブランドではなく、クライスラーグループの高性能車開発部門、SRT(ストリート&レーシング・テクノロジー)ブランドから登場。そのハイライトは、現在のダウンサイジングトレンドとは無縁の大排気量V10エンジンの搭載だ。

このV10は従来通り、排気量は8.4リットル。しかし、ピストンやインテークマニホールド、エグゾーストバルブなどに、大幅な改良を受けており、最大出力は640ps、最大トルクは83kgmを獲得する。これは従来比で、40ps、5.5kgm強化された計算。SRTによると、自然吸気エンジンとしては世界最強のトルクを誇るという。

さらなる軽量化に取り組んだのも、SRTバイパーの大きな特徴。ねじり剛性が50%引き上げられたシャシーを基本に、ルーフやボンネット、リアゲートはカーボンファイバー製、ドアはアルミ製とした。SRTによると、従来比で45kgの軽量化を果たしているという。

SRTバイパー(ニューヨークモーターショー12) SRTバイパー(ニューヨークモーターショー12) SRTバイパー SRTバイパー SRTバイパー SRTバイパー SRTバイパー SRTバイパー SRTバイパー