日産アルティマ新型(ニューヨークモーターショー12)

日産自動車の米国法人、北米日産は4日、米国で開幕したニューヨークモーターショー12において、新型『アルティマ』を初公開した。

アルティマは、日産の米国における最量販車。2011年は、前年比17.3%増の26万8981台を販売した。この台数は乗用車としては、トヨタ『カムリ』の30万8510台に次ぐ第2位につけている。

5代目にあたる新型は、米国のミッドサイズセダンで最もスタイリッシュ、低燃費、高性能、先進的であることを目標に開発。ひとクラス上の『マキシマ』を思わせるフォルムは、躍動感にあふれたデザインが特徴だ。

エンジンは、2.5リットル直列4気筒の「QR25」と、3.5リットルV型6気筒の「VQ35DE」のガソリン2機種。トランスミッションは、エクストロニックCVTを組み合わせる。

2.5リットル直列4気筒エンジンは、最大出力を従来よりも7ps引き上げ、182psを獲得。それでいて、米国EPA(環境保護局)予想燃費は、市街地11.48km/リットル、高速16.15km/リットル。北米日産によると、高速燃費はクラス最高レベルが目標だという。

3.5リットルV型6気筒エンジンは、最大出力270psを発生。従来比で36kg軽量化した車体や、引き上げられたボディ剛性などにより、さらにスポーティな走りを追求している。

装備面では、スマートフォンに連動したナビゲーションシステムの「ニッサン・コネクトSM」、安全運転を支援する「アドバンスド・ドライブアシスト・ディスプレイ」などを採用。ブラインド・スポット・ウォーニングやレーン・ディパーチャー・ウォーニング、ムービング・オブジェクト・ディテクションなど、先進の安全装備も用意される。

日産アルティマ新型(ニューヨークモーターショー12) 日産アルティマ新型(ニューヨークモーターショー12) 日産アルティマ新型 日産アルティマ新型 日産アルティマ新型 日産アルティマ新型 日産アルティマ新型