クラリオン NXB11

クラリオンは4日、業務用ナビシステム『NXB11』を4月中旬から発売すると発表した。業界初となる192地点経由機能などを搭載し、営業車や配送車両の運用管理ニーズへの対応を図った。

新商品は、タクシーやトラック向けナビゲーションとして実績を持つ業務用「Solid Navi」の技術を応用し、安全経済運転支援、業務効率機能、業務拡張を目的とした各種機能を装備する。

安全経済運転支援として「EMS(Eco-drive Management System)機能」、業務効率機能として最大192地点の巡回設定ができる「多地点巡回支援機能」や「ナビからのログデータ排出による運行管理帳票作成」を備える。業務拡張対応としては、携帯電話や通信端末によりセンターからの運行管理や、管理者と運転手間の業務情報の即時的な連絡・応答などが行える。

加えて使い勝手の面から、使用頻度の高いナビ機能、AV機能のみを表示する「シンプルタッチニュー」、走行履歴から普段よく使う道を優先的に経路設定する「ルート学習機能」、多様な使用者に合わせた「4か国語誘導・表示機能」などを搭載する。

その他、複雑な交差点を分かりやすく誘導する「3Dリアル交差点イラスト」、「エコ運転アドバイス」、「省エネルート探索」、iPodのUSB接続やMP3/WMA再生対応など、充実したナビゲーション機能も装備する。

価格はオープン価格。