ダイハツ・ミライース

全国軽自動車協会連合会が発表した2011年度(2011年4月〜12年3月)のブランド別軽自動車販売台数によるとダイハツがシェア35.7%で6年連続トップを堅持した。

シェア2位のスズキは30.5%で、5ポイント以上差が開いた。

2011年暦年のシェアでは日産が3位に浮上したが、年度ベースでは『N BOX』効果でホンダが3位に浮上した。

前年を割り込んだのはスズキと三菱自動車だけ。軽自動車販売に参入したトヨタの初年度の販売台数は1万7446台で、シェアは1.0%だった。

1位:ダイハツ 602735台(6.0%増)
2位:スズキ 515757台(1.0%減)
3位:ホンダ 165658台(7.4%増)
4位:日産 152150台(7.5%増)
5位:スバル 95086台(2.5%増)
6位:三菱自動車 90891台(12.8%減)
7位:マツダ 49172台(4.7%増)
8位:トヨタ 17446台

トヨタ・ピクシス・スペース