米国のテラフージア社が開発した“空飛ぶ車”トランジション

4日、米国で開幕するニューヨークモーターショー12。米国のテラフージア(TERRAFUGIA)社が開発した“空飛ぶ車”、『トランジション』がモーターショーデビューを飾る。

同社は2006年、MIT(マサチューセッツ工科大学)出身の5名のパイロットが中心になって、米国マサチューセッツ州に設立。空飛ぶ車の開発を進めてきた。そして2009年に完成したのが、トランジションの最初のプロトタイプだ。

トランジションは車と軽飛行機を合体させた、新しい移動手段の提案。ガソリンエンジンを搭載し、車としての性能は最高速104km/h、燃費12.7km/リットルと実用的だ。全幅は約2mでガレージに収まるサイズ。駆動方式はMRで、2名が乗車できる。もちろん、公道走行に必要な法規を満たす。

軽飛行機への変身はわずか30秒で、左右に跳ね上げられた翼をセットすれば完了。空中での最高速は185km/hで、最大740km程度を飛行できる。2009年3月には初フライトを披露し、世界中を驚かせたのが記憶に新しい。

テラフージア社はニューヨークモーターショー12において、トランジションの最新プロダクションプロトタイプを披露する計画。同社のアンナ・マラセック・ディトリッチCOOは、「トランジションの発売に向けて、ニューヨークモーターショー12を未来のオーナー、投資家、パートナーに対するアピールの場にしたい」とコメントしている。