新型リンカーン MKZ

フォードモーターの高級車ブランド、リンカーンは2日、新型『MKZ』の概要を明らかにした。実車は4日、米国で開幕するニューヨークモーターショー12で披露される。

MKZは2004年、リンカーンブランドのミドルセダン、『ゼファー』としてデビュー。2006年、リンカーンが新しいネーミング手法を導入したのに伴い、車名をMKZに変更した。その2代目モデルは2012年1月、デトロイトモーターショー12に、『MKZコンセプト』として出品。今回発表されたのは、正式量産バージョンだ。

新型MKZには、リンカーンの新しいデザイン言語が反映されているのが大きな特徴。フロントグリルはリンカーンのアイデンティティの縦基調から、横基調へ変更。シャープな印象の小型ヘッドライトとの相乗効果により、リンカーンの新しい表情を作り出す。

4シーターの室内は、素材を吟味し、高級サルーンに相応しい「おもてなし」を重視。注目は6速ATのシフトレバーを廃止し、プッシュボタンシフトを採用した点。すっきりしたセンターコンソールに仕上げられた。

エンジンは、3.7リットルV型6気筒ガソリンに加えて、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「エコブースト」の設定がニュース。最大出力240ps、最大トルク37.3kgmのパワーと、米国EPA(環境保護局)予想燃費が市街地9.4km/リットル、高速14km/リットルという燃費を両立。リンカーンによると、ミッドサイズ高級車セグメントをリードする高い燃費性能を実現しているという。

新型リンカーン MKZ 新型リンカーン MKZ 新型リンカーン MKZ 新型リンカーン MKZ 新型リンカーン MKZ