スバル・インプレッサG4《撮影 土屋篤司》

富士重工業は3日、新型スバル『インプレッサ』の発表後約4か月間(2011年11月30日〜2012年4月1日)の受注台数が2万4237台と、引き続き好調に推移していると発表した。

インプレッサの月販目標は2200台で、4か月間の販売目標は8800台。現時点で販売目標の約2.8倍となっている。

受注の構成比は、5ドアハッチバックの「SPORT」が74.7%、4ドアセダンの「G4」が25.3%となっている。また、運転支援システム「EyeSight」の装着率はシリーズ全体として41.6%、設定のある2.0リットルAWD内での装着率は83.2%と高い装着率となっている。

排気量では、2リットルが66.2%、1.6リットルが33.8%。駆動方式では、AWDが62.2%、2WDが37.8%となっている。

購入者の新型インプレッサに対する評価は、「EyeSight 装着車が選べる」や「走りが良い」、「内外装の質感が高い」などが、評価ポイントとしてあげられた。

スバル・インプレッサG4 スバル・インプレッサ・スポーツ《撮影 椿山和雄》