イードは『新興国におけるユーザー理解〜インドネシアの女子大学生を例に〜』と題して、マーケティングリサーチに関する無料セミナーを4月19日に名古屋で開催する。昨年11月、東京で開催し、好評だったもの。

近年、グローバル化が進む中で、従来より深いユーザー理が必要とされている。特に新興国進出の際は、より現地に根差した商品開発やローカライズが求められている。

イードによると、ユーザー目線の商品開発において、現在注目されているのは「行動観察」という調査手法だそうだ。商品を利用しているユーザーの自宅に訪問したり、買い物に同行するなど、実際の生活場面に密着し、観察者の気づきや洞察を通じて、本人たちも気づいていない潜在ニーズを発掘する。

今年のセミナーでは調査事例として、国際経済の中でいま注目されている「インドネシア」を取り上げ、将来の消費の中心となるであろう「女子大学生」をターゲットとした。イードでは、新規市場進出など、新しいターゲットのユーザー理解が必要と感じられる企業の参加を勧めている。


新興国におけるユーザー理解
〜インドネシアの女子大学生を例に〜
●日時:2012年4月19日(木)
14時00分〜17時00分
受付:13時30分〜
懇親会:16時20分〜
●場所:TKP名古屋駅前カンファレンスセンター6F
カンファレンスルーム6A
●参加費:無料
●定員:70名
●参加予約 URL
http://bit.ly/HGmsV3
予約締切:4月11日(水)13時00分
満席になり次第、締切。

プログラム
●開会挨拶(会社概要)
●調査手法の紹介(行動観察について)
●調査事例発表-第一部『アジア新興国市場におけるビジネス開発について』
●調査事例発表-第二部『インドネシアの女子大学生におけるオシャレ・身だしなみに対する価値観調査』
●新興国でのユーザー理解のための調査支援
●情報交換会(懇親会)

●内容 URL
http://bit.ly/Hl5lZU