ダンロップタイヤ安全プロジェクト タイヤ点検活動(2011年)

住友ゴム工業は、今年で5年目を迎える「ダンロップタイヤ安全プロジェクト」を、4月8日に全国47都道府県で実施する。

ダンロップタイヤ安全プロジェクトは、2008年から春と秋の年2回開催。タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、一般ユーザーのクルマに装着されているタイヤの空気圧点検、残溝チェック、外観チェックなどを行う。さらに、セーフティドライブについて紹介する冊子なども配布し、ドライバーにタイヤの日常点検の重要性を訴求する。

また、今回は同社工場や事業所のある7地区(福島、東京、愛知、大阪、兵庫、岡山、宮崎)で会場を2か所に増やし、全国54か所に規模を拡大。さらに、社員の通勤車についても点検を行い、タイヤ点検の重要性を社内外に訴求していく。