3月30日午前8時45分ごろ、岩手県盛岡市内の市道で、ゴミ拾いのボランティア活動を行っていた中学生6人に対し、近くの交差点を左折進行してきた乗用車が接触する事故が起きた。クルマはさらに暴走を続け、路外に逸脱してようやく停止している。

岩手県警・紫波署によると、現場は盛岡市西見前付近で片側1車線の直線区間。事故当時は中学校の生徒約60人がゴミ拾いのボランティア活動をしていたが、交差点を左折してきた乗用車がこのうちの男子生徒6人に次々と接触。クルマは止まらずに進行を続け、路上駐車していた車両に衝突。約80m先で道路右側の路外に逸脱し、横転した状態で停止した。

この事故で男子生徒6人がクルマとガードレールの間に挟まれ、打撲などの軽傷。乗用車を運転していた同市内に在住する男性に目立つ外傷は無かったが、意識が朦朧とした状態だったことから、近くの病院へ収容されている。

目撃者によると、クルマは大きくふくらんだ状態で交差点を曲がっており、警察では男性が意識失いかけていた可能性もあるとして、男性の回復を待って詳しく事情を聞く方針だ。