アイシングループ6社(アイシン精機、アイシン高丘、アイシン化工、アイシン・エィ・ダブリュ、アイシン・エーアイ、アドヴィックス)は2日、アイシン精機体育館(愛知県刈谷市)において、合同入社式を行った。

合同入社式には、新入社員918人、豊田幹司郎アイシン精機取締役会長をはじめ6社の社長、労働組合関係者などが出席した。

豊田会長は「世界に通用するその道のプロを目指すこと。チームで仕事を進める大切さを忘れないこと。目の前の情報を鵜呑みにせずに自分なりの判断基準を持つこと。この3つを心がけ、地域や社会のルールを守り社会人としての責任と役割をはたし、会社事業を支えると同時に日本全体のためになる人材になっていただくことを期待します」と新入社員を激励した。

グループ6社の新入社員の代表として西村浩子さん(アイシン精機)は「世界中の人々に感動と信頼を届けられる人材となるよう成長して参ります」と誓いの言葉を述べた。