ホンダ、タイ工場生産再開後の第一号生産車

洪水被害により2011年10月4日から生産活動を停止し、3月26日に生産を再開したホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッド(HATC)は、3月31日に生産再開を祝う式典を開催した。

式典には来賓としてタイのインラック首相、在タイ日本国大使館の小島誠二大使らを迎え、ホンダからは伊東孝紳代表取締役社長、小林浩アジア・大洋州本部長などが出席した。

ホンダは、HATCをアジア・大洋州地域における最重要拠点の一つとして位置づけ、一日も早い再開に向けて、全社を挙げて復旧に取り組んできた。HATCは4月の第2週より通常生産に回復する見通しで、今後も生産活動を継続していく。

また、タイのホンダグループは「ホンダ・キアン・カーン・タイ・ファンド」を設立。ホンダの二輪・四輪・汎用製品がタイで一台売れるごとに、製品別に設定した金額を同基金へ積み立てる。2012年度末には約3億バーツ(約8億円)の積み立てを目標としている。ホンダは、将来タイで自然災害が発生した際に同基金を通じてタイの人々を支援する。

ホンダの伊東社長は「今回、HATC復旧にあたりさまざまな支援と理解をいただいたタイ政府やユーザー、また、復旧に携わった従業員にこころから感謝する。タイは、生産・研究開発拠点として、ホンダの事業にとって欠かすことができない。アジア・大洋州地域への製品供給拠点として、市場の成長に合わせてタイでの事業拡大を継続していきたい」とコメントした。

ホンダ、タイ自然災害基金の設立を発表…生産再開式典 ホンダ、タイ自然災害基金の設立を発表…生産再開式典 ホンダ、タイ自然災害基金の設立を発表…生産再開式典