中国専用のEV新ブランド、デンツァ(DENZA)を発表するダイムラー北東アジアのウルリッヒ・ウォルカー会長兼CEO

ダイムラーと中国BYD(比亜迪)は3月30日、中国専用のEVブランド、「デンツァ」(DENZA)を発表した。同ブランドの最初のコンセプトカーは23日、中国で開幕する北京モーターショー12(オートチャイナ12)でワールドプレミアされる。

ダイムラーとBYDは2010年3月、技術提携を発表。2010年5月には、中国でEVを共同開発することを目的に、合弁会社の「深センBYDダイムラー・ニューテクノロジー社」を設立した。デンツァは、両社の合弁会社が中国で現地開発し、中国市場だけで販売するEVに特化したブランドの名称だ。

ダイムラーとBYDは今回、デンツァのブランドロゴを公開。水滴をモチーフにしたロゴマークが描かれる。なお、北京モーターショー12でコンセプトカーを披露した後、最初の量産車は2013年に登場する予定。

ダイムラー北東アジアのウルリッヒ・ウォルカー会長兼CEOは、「我々はEVに特化したブランドを初めて中国に導入する」とコメント。BYDの王伝福 会長は、「デンツァが中国の新エネルギー車市場のリーダーとなる」と述べている。

デンツァ(DENZA)のブランドロゴ