アル・ジャービル・アビエーションのエアバスA318エリート(ACJ318)の客室内《撮影 大野雅人》

3月31日に共用を開始した成田ビジネスジェット専用ターミナル。30日の報道公開には、ビスタジェット社(オーストリア)のボンバルディア・チャレンジャー605や、アル・ジャービル・アビエーション社(アブダビ)のエアバスA318エリートなどの客室内も公開された。

ビジネスジェット社のチャレンジャー605は、高級感あふれる革張りシートなど、一流ホテルと同等の快適空間が広がる。「最も信頼のおけるビジネスジェットとして世界30か国以上で販売実績のあるベストセラー機」と同機を取り扱う双日航空事業部はPR。料金は東京〜上海間でおよそ400万円とも。

また、アル・ジャービル・アビエーションのエアバスA318エリート(ACJ318)は、今回の展示のなかでも最大の機材。「アブダビに本社を置くアル・ジャービル・アビエーション(AJA)が運航するもので、広々とした機内に19座席を装備。超VIP向けのチャーター便として使用される。機内はいくつかのゾーンに区切られ、ラウンジ仕様の部屋やバスルーム付きオフィスを完備。このオフィスは寝室にもなる」とエアバス社。

両機ともまさに「動く社長室」。このほかにも、セスナ社(アメリカ)のビジネスジェット機「サイテーション」など複数が展示されていた。

ビスタジェット社(オーストリア)のボンバルディア・チャレンジャー605《撮影 大野雅人》 ビスタジェット社(オーストリア)のボンバルディア・チャレンジャー605《撮影 大野雅人》 ビスタジェット社(オーストリア)のボンバルディア・チャレンジャー605《撮影 大野雅人》 ビスタジェット社(オーストリア)のボンバルディア・チャレンジャー605《撮影 大野雅人》 ビスタジェット社(オーストリア)のボンバルディア・チャレンジャー605《撮影 大野雅人》 ビスタジェット社(オーストリア)のボンバルディア・チャレンジャー605の客室内《撮影 大野雅人》 ビスタジェット社(オーストリア)のボンバルディア・チャレンジャー605の客室内《撮影 大野雅人》 ビスタジェット社(オーストリア)のボンバルディア・チャレンジャー605の客室内《撮影 大野雅人》 ビスタジェット社(オーストリア)のボンバルディア・チャレンジャー605の客室内《撮影 大野雅人》 アル・ジャービル・アビエーションのエアバスA318エリート(ACJ318)《撮影 大野雅人》 アル・ジャービル・アビエーションのエアバスA318エリート(ACJ318)《撮影 大野雅人》 アル・ジャービル・アビエーションのエアバスA318エリート(ACJ318)《撮影 大野雅人》 アル・ジャービル・アビエーションのエアバスA318エリート(ACJ318)の客室内《撮影 大野雅人》 アル・ジャービル・アビエーションのエアバスA318エリート(ACJ318)の客室内《撮影 大野雅人》 アル・ジャービル・アビエーションのエアバスA318エリート(ACJ318)の客室内《撮影 大野雅人》 アル・ジャービル・アビエーションのエアバスA318エリート(ACJ318)のコックピット《撮影 大野雅人》 アル・ジャービル・アビエーションのエアバスA318エリート(ACJ318)のコックピット《撮影 大野雅人》