フィスカーの新型車のティーザースケッチ

米国で4月4日、開幕するニューヨークモーターショー12において、米国のフィスカーオートモーティブがワールドプレミアする謎の新型車。同車の姿が、海外の自動車メディアによってスクープされた。

これは29日、米国の自動車メディア、『INSIDE LINE』に掲載されたもの。ニューヨークモーターショー12での初公開に向けて、トレーラーに積み込まれる直前の同車の姿を捉えたのだ。

同メディアによると、この新型車はコードネーム「プロジェクト・ニーナ」と呼ばれる1台。『カルマ』よりもひと回りコンパクトなボディを持ち、価格もカルマのベースプライス8万8000ドル(約725万円)よりもリーズナブルな設定になるという。

なお、このプロジェクト・ニーナでは、BMWからエンジンの供給を受けることが決定済み。フィスカーオートモーティブは2011年9月、BMWとの間でBMW製の直列4気筒ガソリンターボエンジンを年間最大10万ユニット購入する契約を結んでいる。

フィスカーの謎の新型車の姿を捉えた米『INSIDE LINE』