自動車の輸出(参考画像)

日本自動車工業会が30日発表した2月の自動車輸出実績によると、四輪車輸出台数は前年同月比5.3%増の45万4449台となり、2か月連続で前年を上回った。

車種別では乗用車が同4.5%増の40万2909台と2か月連続のプラスとなった。トラックが同13.8%増の4万0548台と6か月連続プラス、バスが同7.4%増の1万0992台と2か月連続で前年を上回った。

輸出金額は、車両分が109億2838万ドル、部品分が36億6801万ドルの総額145億9639万ドルとなり、前年同月と比べると11.5%の増加だった。