富士重工業の大型風力発電システム

日立製作所と富士重工業は30日、富士重工業の風力発電システム事業を日立に事業譲渡すると発表した。今後、2012年7月1日の譲渡完了に向けて、両社で協議を進めていく。

風力発電システムは、市場拡大とともに、主流が現在の2000kW級からさらに大型化することが予想されている。

日立は、富士重工業からの風力発電システム事業の譲渡により、大型化に向けた設計・開発力を強化。一方、富士重工業は、事業譲渡により、自動車をはじめとした他事業への経営資源の集中を図る。