デンソーやセブン-イレブンなど6社は30日、エネルギーの地産地消など商業施設におけるエネルギーの最適利用を図ることを目的とした、エネルギーマネジメントシステム(BEMS)の開発のため、豊田市にて共同実証実験を行うと発表した。

この実証実験は、次世代エネルギーや次世代社会システムの構築に向けて取り組むもので、デンソー、豊田通商、セック、ヤマト運輸、セブン-イレブン・ジャパン、トヨタ生活協同組合、が参加する。

今回の実験では、商業施設向けBEMSおよびヒートポンプ式給湯器と太陽光発電の連携システムの実証、車載蓄電池の小型化による燃費向上効果およびコスト低減の可能性の実証、最適充電場所管理システムを用いた誘導実証、停電・災害時の電力給電が検証される。

具体的には、コンビニエンスストアやショッピングセンターを対象とし、BEMSコントローラーと蓄電池を核にして、太陽電池、ヒートポンプ式給湯器、車両用充電ポールを設置。店舗ではフライヤの洗浄などに使用するお湯に関して、太陽光で発電したDC電源で稼動するヒートポンプを活用するほか、また、商用車に搭載する蓄電池では、こまめに充電することで小型化し、燃費向上やコスト低減の可能性などについて検証する。

BEMSは、システム全体を制御するBEMSコントローラー、蓄電池、直流(DC)・交流(AC)の変換及び電圧の変換を行う各種パワーコンディショナーなどからなるシステム。実証実験は、2012年4月から2014年12月にかけて行われる。

実験終了後は、業務部門でのエネルギーの最適利用を実現するとともに、低炭素化社会の実現に向けた効率のよいエネルギーマネジメントシステムの開発・事業化に向け、今回の実験結果を活用していく。