新型メルセデスベンツAクラスの標準車(ジュネーブモーターショー12)

ダイムラーが、メルセデスベンツの新型『Aクラス』/『Bクラス』の車台をベースに開発する派生車種。その正体が、4ドアクーペであることが確定した。

これは29日、ダイムラーがメルセデスベンツのハンガリー新工場の開所式で明らかにしたもの。同工場では新型Bクラスの生産が開始されたが、これに続く2番目の生産車種として近い将来、4ドアクーペが加わると告げられたのだ。

この4ドアクーペ、新型Aクラス/Bクラスと車台を共用する新型車。駆動方式はFFで、メルセデスベンツに新たな顧客を呼び込む戦略モデルとなる。

なお同車は、4月20日から5月6日に米国ロサンゼルスで開催される音楽とアートのイベント、「Transmission LA: AV CLUB」において、『コンセプトスタイルクーペ』の名前で初公開される予定。市販版のネーミングは、メルセデスベンツ『CLC』または『CLA』が有力だ。

新型メルセデスベンツAクラスの標準車(ジュネーブモーターショー12)