アズール社が生産するフォードの商用EV、トランジットコネクト・エレクトリック

電気自動車(EV)や関連部品を開発・製造するカナダのアズールダイナミクス(以下、アズール)社は26日、ブリティッシュコロンビア州の裁判所に会社更生法の適用を申請し、経営破綻した。

アズール社は、商用EV&ハイブリッドのパワートレイン開発に関して豊富なノウハウを持つ。フォードモーター初の市販EVとして、2010年3月に発売された『トランジットコネクト・エレクトリック』のEVパワートレインは、アズール製。アズールが、同車の組み立ても行っていた。

アズール社は、2011年頃から経営が悪化。今回の会社更生法の適用申請に至った。なお、同社の経営破綻を受けて、トランジットコネクト・エレクトリックの生産は停止状態にある。

アズール社が生産するフォードの商用EV、トランジットコネクト・エレクトリック アズール社が生産するフォードの商用EV、トランジットコネクト・エレクトリック アズール社が生産するフォードの商用EV、トランジットコネクト・エレクトリック アズール社が生産するフォードの商用EV、トランジットコネクト・エレクトリック アズール社が生産するフォードの商用EV、トランジットコネクト・エレクトリック