ヤマハVMAX(東京モーターサイクルショー12)

ヤマハ発動機は、4月1日付にて、「デザイン本部」本部長直下の「デザインディレクター」として、デザイナーの吉良康宏氏を迎え入れると発表した。

吉良氏は、ヤマハのデザイン研究所長や信州大学教授を歴任。デザイン組織マネジメントや海外へのデザイン発信活動などで豊富な経験を持つ。

ヤマハ発動機では、教育機関で若手デザイナーを育成してきた吉良氏の経験を生かし、長期的なデザイン戦略の策定やデザイン組織の構築、人材育成など、デザインに関するマネジメント業務の強化を図る。

同社は、2012年1月にデザイン本部を新設。全社的なデザイン総合力の強化を図ってきた。デザイン本部の傘下には、主に製品系デザインを担当する「立体デザイン部」および「カラーリングデザイン部」、コーポレートデザインを中心に担当する「デザイン推進部」を設置。デザインディレクターは、デザイン本部長のもと、全ての部に関わりながら、デザインマネジメントを推進する。

ヤマハXTW250(東京モーターサイクルショー12) ヤマハYZF-R1(東京モーターサイクルショー12) ヤマハSEROW消防仕様(東京モーターサイクルショー12)