トヨタ86(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》

バンコクモーターショ12ーのトヨタブースには、『86』が展示されていた。この86はタイで正式に発表されたものではなく参考出品。右ハンドルだが、ウインカーレバーは、タイでは日本車同様に右側に付くものが左側だったので、おそらくイギリス仕様だろう。

トヨタは86を世界の多くの地域でリリースするとしているのでタイで発売されるのも確定したようだ。

気になるのは価格。なんと、日本円にして670万円を越えるという情報が現地で流れている。

タイでは輸入車に80%という高い関税がかけられていて、そのほか物品税が41%必要(2400〜3000ccで220ps以下の乗用車の場合)。この2つの税金は、車両価格内に織り込まれる。それをふまえ、86のタイでの車両価格は250万バーツ(約670万円)とウワサされているのだ。「GT“Limited”」の日本価格に税金を乗せていくとだいたいこの数字になる。

タイでの86は、驚くほど高価な“手ごろなスポーツカー”になりそうだ。しかし、トヨタのブランドイメージを高めるために一役買うのは間違いないだろう。

トヨタ86(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 トヨタ86(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 トヨタ86(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 トヨタ86(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 トヨタ86(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 トヨタ86(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》