Vis Tes Passions Jardin(ヴィ・テ・パッション・ジャルダン)”がオープン。モデルのSHIHOさんと大極COO。《撮影 内田俊一》

3月30日〜4月1日の期間限定で、ルノー・ジャポンと代官山蔦屋書店(東京都渋谷区)のコラボレーションショップ“Vis Tes Passions Jardin(ヴィ・テ・パッション・ジャルダン)”がオープンする。

「これまでにない視点でのコミュニケーションの取り組みとなります」と語るのはルノー・ジャポン大極司COO。「このショップは、ルノーが提案する趣味やライフスタイルなどを様々な分野のエキスパート(パッショニスト)6人が、『カングー』と『カングーイマージュ』を素材に、こだわりを持って形にしました」とし、さらに、そのこだわりの商品の販売を行うものである。

「その商品を購入したユーザーは、パッショニストのこだわりを体験し、そして共有することが出来るのです。体験に勝るコミュニケーションはないでしょう」(大極氏)。

ショップは大きく3つにわかれ、モデルのSHIHOさんとファッションディレクターの軍地彩弓さんが、フレンチライフスタイルをテーマに様々な角度からライフスタイルを紹介する書籍販売コーナーをプロデュース。

デザインプロデューサーの黒崎輝男さんとライフスタイルプロデューサーの村上萌さんは、フレンチオーガニックをテーマに野菜や植物を販売するコーナーを。そして、スタイリストの亀恭子さんとルノーインターナショナルレンジデザインマネージャーのアラン・ロネさんは、デザインをテーマとしてフレンチスタイルの家具や雑貨を販売するコーナーをプロデュースした。

大極COOは「Passionsは日本語でも使われていますが、フランス語では情熱以外に、もっと幅広く、好きなことや個性という意味があります」という。そして、「フランスのメーカーですからフランスの文化、それから、フランスのエスプリを日本に伝えるというのもミッションだと思います。そういったものを含めて“Vis Tes Passions Jardin”のテーマである個性を楽しむフランスの小庭が表現できたらと思っています」と語った。

パッショニストたち《撮影 内田俊一》 パッショニストの一人、モデルのSHIHOさん。《撮影 内田俊一》 Vis Tes Passions Jardin(ヴィ・テ・パッション・ジャルダン)”がオープン《撮影 内田俊一》 Vis Tes Passions Jardin(ヴィ・テ・パッション・ジャルダン)”がオープン《撮影 内田俊一》 Vis Tes Passions Jardin(ヴィ・テ・パッション・ジャルダン)”がオープン《撮影 内田俊一》