イメージ

27日午前6時30分ごろ、北海道札幌市東区内にある環境局と清掃事務所の倉庫に何者かが侵入し、トラック(ゴミ収集車)用として保管していたスタッドレスタイヤなどを盗み出していたことがわかった。合計165本が盗まれ、被害総額は約300万円という。

北海道警・東署によると、被害に遭ったのは札幌市環境局清掃部の車輌管理事務所と、これに隣接する東清掃事務所内の倉庫2か所。巡回中の警備員が倉庫のガラスが破られているのを発見。警察に届け出た。

警察が調べたところ、両方の倉庫内に保管していたゴミ収集車用のホイール付きタイヤ合計165本が無くなっていることがわかった。新品のスタッドレスタイヤや、磨耗の少ない比較的新しい夏タイヤが中心とみられ、被害総額は約300万円に達するという。

この倉庫でタイヤが保管されていることは公表されておらず、警察では内部事情に詳しい者が関与した可能性も考えられるとして、不審車両の目撃情報などを集めている。