三井ホーム、家庭用蓄電システム本体

三井ホームは、家庭内の電力を効果的に制御するリチウムイオン蓄電池を搭載した「家庭用蓄電システム」設置の注文住宅を4月2日から発売する。

同システムでは、通信機能により常時クラウドに接続して、システムの稼動状況のデータをサーバーに蓄積し、常時監視。新築住宅オーナーが安全かつ安心して利用できる環境を提供する。

また、家庭の分電盤と接続することで、電力会社の電力供給システムや、家庭内機器、太陽光発電システムなどと連携し、充放電双方向の自動電力制御が可能。これにより、太陽光発電の電気や、電気料金の低い夜間の電気を貯蔵し、貯蔵した電気を昼間に利用することで、ピーク時間帯における系統からの電気使用量の節減や、CO2の削減ならびに電気料金の削減を実現する。