DS19

トヨタ自動車は、文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手町)で4月21日から7月1日まで、浅井貞彦写真展「60年代 街角で見たクルマたち〜懐かしい昭和の時代へタイムスリップ〜」を開催する。

写真展では、60年以上自動車を撮影し続けているアマチュア・カメラマン浅井貞彦氏の写真コレクション約1万3000点の中から、1950年代後半〜1960年代に撮影された写真約300点を、テーマごとに5つのゾーンに分け、車両とともに紹介する。展示車両は、フォード『マスタングハードトップ(1964)』、シトロエン『DS19(1958)』、プリンス『スカイラインデラックス(1960)』、トヨペット『カスタムスポーツ(1960)』の4台。

また、写真展連動イベントとして「クルマ写真コンテスト」及び「昔のカメラでトヨタ2000GTを撮ろう」を開催。5月20日には「浅井貞彦×高島鎮雄(モータージャーナリスト)トークショー」を開催する。

さらに、4月28日から5月6日までのゴールデンウィーク中は、恒例の子ども工作教室「ゴールデンウィークイベント2012」を開催する。