ジュネーブモーターショー12で欧州デビューを飾るマツダTAKERI

マツダの米国法人、マツダノースアメリカは28日、4月4日に米国で開幕するニューヨークモーターショー12に、コンセプトカーの『TAKERI』(雄)を出品すると発表した。同車にとって、今回が北米初公開となる。

TAKERIは、2011年11月の東京モーターショー11でワールドプレミア。マツダの次世代ミドルセダンを示唆したコンセプトカーだ。そのデザインには同社の新デザイン言語、「魂動」(こどう)が導入され、力強く洗練された雰囲気を放つ。

またTAKERIには、マツダの新環境テクノロジー、「SKYACTIV」を採用。高効率でパワフルな新世代クリーンディーゼルエンジン、「SKYACTIV-D」をはじめ、アイドリングストップや減速エネルギー回生システムなどにより、高い燃費性能が追求される。

なお、このTAKERIのデザインモチーフは、次期『アテンザ』(海外では『MAZDA6』)に反映される可能性が高い。TAKERIは3月、ジュネーブモーターショー12で欧州プレミアを果たしたばかり。これで、日・欧・米の三大市場でTAKERIが披露され、マツダの次世代セダン像がアピールされることになる。

ジュネーブモーターショー12で欧州デビューを飾るマツダTAKERI ジュネーブモーターショー12で欧州デビューを飾るマツダTAKERI ジュネーブモーターショー12で欧州デビューを飾るマツダTAKERI ジュネーブモーターショー12で欧州デビューを飾るマツダTAKERI