東京モーターサイクルショー12 マラグーティ スポルト

イタリアのオートバイメーカー、マラグーティは「第39回モーターサイクルショー」(23日〜25日)に電動アシスト自転車を出品。4月から日本で発売する。

「電動アシスト自転車については日本が先行しているので、世界に先駆けて発売することになったのです。したがって、イタリアでもまだ走っていません」とマラグーティ・ジャポーネ関係者は話す。まず日本での反応を見ようというわけだ。

今回発売するのは『スポルト』と『ボローニャ』の2種類。どちらもデザインを重視したそうだ。スポルトはドリンクボトルがバッテリーになっており、一見しては電動アシスト自転車と分からないようになっている。一方、ボローニャのほうはイタリアン・レトロで、後ろにバスケットがついている。そしてバッテリーはその荷台の部分に収納してあり、目立たないようになっている。

両方ともバッテリーはリチウムイオン電池で、充電時間は家庭用電源で約6時間。一充電走行距離は70〜80km。フレームはアルミ合金を使用し、スポルトに関してはブレーキが油圧ブレーキになっている。価格はスポルトが18万9000円、ボローニャが16万8000円。

電動アシスト自転車に乗るのはちょっと恥ずかしいと思っている人にはうってつけのモデルといえるだろう。

東京モーターサイクルショー12 マラグーティ スポルト 東京モーターサイクルショー12 マラグーティ ボローニャ 東京モーターサイクルショー12 マラグーティ ボローニャ