三菱ミラージュ(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》

タイではすでに発売されている三菱『ミラージュ』。しかし、タイ仕様と日本仕様で大きく異なるのはエンジンだ。タイ仕様が1.2リットルエンジンを積むのに対し、日本仕様は同じ3気筒だが1.0リットルエンジン組み合わせる予定になっている。

その狙いはどこにあるのだろうか? 開発をまとめた三菱自動車商品戦略本部商品企画部の岩田達(いわたとおる)さんによると「燃費を追求するため」だという。

日本仕様は1.0リットルエンジンにCVTを組み合わせ、全車にアイドリングストップ機能も装着。ハイブリッドなどの飛び道具はないが、CVT車でも855kg(タイ仕様)からの軽さを武器にクラストップの燃費を狙って最終的な煮詰めがおこなわれている。

ガソリン価格の高騰により日本車、特にコンパクトカーや軽自動車は激しい燃費競争が繰り広げられている。果たしてミラージュの日本仕様は、スカイアクティブのマツダ『デミオ』など手強いライバルに差をつけることができるのか。日本での発売は、夏ごろを予定している。

三菱ミラージュ(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 三菱ミラージュ(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》