ダイムラーとBYDの中国EVブランドを「デンツァ」と伝えた『CHINA CAR TIMES』

ダイムラーと中国BYD(比亜迪)が4月、中国で開幕する北京モーターショー12(オートチャイナ12)で初公開するコンセプトカー。その中身が見えてきた。

両社は2010年3月、技術提携を発表。2010年5月には、中国でEVを共同開発することを目的に、合弁会社の「深センBYDダイムラー・ニューテクノロジー社」を設立した。北京モーターショー12で披露されるのは、両社の提携の具体的成果となるコンセプトカー。2013年、中国市場へ投入する新型EVを示唆した1台になる。

23日、中国の自動車メディア、『CHINA CAR TIMES』が伝えたところによると、ダイムラーとBYDは、「デンツァ」(DENZA)と名付けた新ブランドを北京モーターショー12で初公開する計画。EVなど電動化技術に特化したブランドになるという。

同メディアは最終確定ではないとしながら、デンツァのロゴマークの3種類の原案を入手し、読者に公開。水滴をイメージさせるようなデザインになるようだ。