横浜ゴムは28日、インド・デリーに隣接するハリアナ州に乗用車用タイヤ工場を建設すると発表した。

第1期として2014年7月から年間生産能力70万本での操業を計画しており、工場建設の総投資額は約44億円。横浜ゴムは2008年4月、タイヤ工場建設のためにハリアナ州産業基盤開発公社との間で、同公社バハドゥールガール工業団地内の約10万平米の事業用地取得契約を結んでいたが、リーマンショックによる景気減速などによってタイヤ工場の建設を延期していた。

新タイヤ工場は、2007年4月、横浜ゴム全額出資で設立したヨコハマ・インディアの生産拠点として建設。同社は2007年7月から自社独自のネットワークによって補修市場向けに乗用車用タイヤの販売を行っている。

2011年のインドの新車販売台数は約300万台だが、2020年には700万台を越え世界第3の自動車市場になると予測され、タイヤ市場も順調な拡大が見込まれる。同社では、ビジネスチャンスを積極的に捉え、「輸入品販売」から「地産地消」の段階へとステップアップさせる。