スズキは28日、4月1日付でスズキ部品製造に国内製造子会社4社を合併すると発表した。今回の合併により間接業務の効率化と、それぞれの会社が持つ要素技術を集約し、体質強化を図ることで海外進出できる体制づくりを推進する。

スズキ部品製造は、2011年5月にスズキグループ会社の経営指導、及び事務処理代行業務を行うことを目的に設立された。今回、スズキ部品製造に合併する子会社は、スズキ部品浜松、スズキ精密工業、遠州精工、エステックの4社。

なお、被合併子会社の4社はスズキ部品製造の事業所として事業を継続する。