メルセデスベンツML新型右ハンドル(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》

タイの交通環境は、左側通行右ハンドル。日本のような「左ハンドル信仰」がないこの国では、左ハンドルの国で作られたクルマも右ハンドル仕様が輸入されて道を走っている。レーシングマシンの市販版といえるメルセデスベンツ『CLK-GTR』のようなスペシャルモデルでさえ、タイでは当然のように右ハンドルだ。

富裕層も多いバンコクでは、街で欧州製の高級輸入車を見かけることも少なくない。タイはメルセデスベンツやBMWにとっても大きなマーケットであり、バンコクモーターショーではニューモデルの右ハンドル仕様のワールドプレミアを行うのが毎年の恒例となっている。

今年のバンコクモーターショー、メルセデスブースには、2台の“右ハンドルワールドプレミア”モデルが並んでいた。その1台が、『ML』(Mクラス)。2011年秋にワールドプレミアを飾ったこのモデルは、今回のバンコクモーターショーで右ハンドルを初お披露目。日本よりも早くデビューすることに、日本人としては軽くジェラシーだ。

展示されていた車両はディーゼルエンジンを搭載した「ML250CDI」。バンコクの街では一般的な乗用車のディーゼルエンジンはほとんどないが、大型SUVのディーゼルエンジンは一般的な存在である。

メルセデスベンツML新型右ハンドル(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 メルセデスベンツML新型右ハンドル(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 メルセデスベンツML新型右ハンドル(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 メルセデスベンツML新型右ハンドル(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 メルセデスベンツML新型右ハンドル(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 メルセデスベンツML新型右ハンドル(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》