光岡ビュート新型(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》

光岡『ビュート』といえば、日産『マーチ』をベースにレトロデザインに仕立てたカスタマイズカー。これまで2代目マーチと3代目マーチをベースにしたものが販売されたが、現行となる4代目マーチをベースにした“新型”はまだ発表されていなかった。

そんなビュートだが、ついに新型がデビュー。驚くことに、発表の場所に選ばれたのは日本ではなくタイで開催中のバンコクモーターショーだ。

新型ビュートも、デザインを担当したのは先代に引継ぎ同社の青木孝憲 (あおきたかのり)さん。オロチをデザインしたことでも知られる彼が、新型マーチを違和感なくクラシックスタイルに仕上げている。

新型になってのポイントのひとつが、インテリアまで大幅に手を加えていること(オプション扱い)。インパネは木目を使ったオリジナルデザインで、シフトレバー周辺やドアパネルにも手が入り上質感を高めている。

バンコクモーターショーの展示車両はまだ試作車だが、タイで現地生産をスタートし7月には納車をはじめていく予定だという。

価格は199万バーツ(約537万円)から。一般の人には、とても手が出せない「小さな高級車」だ。

光岡ビュート新型(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 光岡ビュート新型(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 光岡ビュート新型(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 光岡ビュート新型(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 光岡ビュート新型(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 光岡ビュート新型(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 光岡ビュート新型(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 光岡ビュート新型(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 光岡ビュート新型(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》