右が木村社長、左が森川新社長

コスモ石油は3月27日、森川桂造副社長執行役員が社長に就任する人事を内定したと発表した。6月下旬に開催予定の定時株主総会とその後の取締役会で正式に就任する。

木村彌一社長は代表権を持つ会長に就任、岡部敬一郎会長は代表権を返上して名誉会長に就任する。

社長交代の記者会見で木村社長は「2012年は中期経営計画の最終年度であり、次の中期経営計画を策定する年でもあり、新しい中計の策定段階からリーダーシップを発揮してもらういいタイミングだと考えた」と述べた。

新社長に内定した森川氏は「経営環境が厳しい中でかじ取りを任された。収益基盤を築いた上で、持続的な成長、発展に向けて全力を尽くしたい」と抱負を述べた。