パイクスピーク11

三菱重工業は、7月3日に開幕する米国自動車レース「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム 2012」に参戦するEVレーシングカーに、リチウムイオン二次電池を提供すると発表した。

今回の提供は、電気自動車普及協議会(APEV)の「チームAPEV with モンスタースポーツ」に協賛するもので、開発中の高出力型電池により山岳道路でのパワフルな登坂走行をサポートする。

同社のリチウムイオン二次電池は、研究開発に約20年をかけ、昨年より量産・販売を開始。現在は、同社が開発したコンテナ型電力貯蔵システムやハイブリッドフォークリフトなど信頼性と長寿命が要求される産業用機器に搭載され、すでに多くの利用実績を積み上げている。今回採用する高出力型電池は、標準型高容量電池をもとに、瞬時に大電流を流せるよう出力特性を飛躍的に向上させたものとなる。

チームAPEVのドライバーは、同レースの総合部門で6連覇中の田嶋伸博氏(タジマモーターコーポレーション会長)で、昨年までのガソリンエンジン車から新型のプロトタイプEVレーシングカーに乗り換え、自らの記録更新と7連覇を狙う。同チームの総監督は福武總一郎 APEV会長(ベネッセホールディングス会長)、応援団長は鈴木泰信氏(NTN会長)が務める。