24日、営業を再開したサーブ ミュージアム

2011年12月19日、破産を申請したスウェーデンの自動車メーカー、サーブオートモビル(以下、サーブ)。それに伴い、閉鎖されていたスウェーデン・トロールハッタンのサーブミュージアムが24日、営業を再開した。

これは、サーブミュージアムの公式サイトが明らかにしているもの。サーブの破産申請後、管財人によってオークションで売却される計画だったミュージアムの展示車両は、サーブの地元、トロールハッタン市が中心となって資金を拠出し、サーブミュージアムの施設と展示車両を引き取ることで、今回の再開に漕ぎ着けた。

サーブミュージアムの展示車両約120台の中には、1946年に誕生したサーブの第1号車、『92001 Ursaab』など貴重なモデルが含まれる。

サーブミュージアムは公式Facebookページにおいて、24日の営業再開時の様子を公開。サーブファンで賑わうミュージアムは、以前の活気を取り戻したようだ。

24日、営業を再開したサーブ ミュージアム 24日、営業を再開したサーブ ミュージアム 24日、営業を再開したサーブ ミュージアム 24日、営業を再開したサーブ ミュージアム