パテントリザルト 車両用周辺監視技術 特許総合力トップ5

パテント・リザルトは、車載カメラを用いた車両用周辺監視技術について、参入企業の競争力に関する調査を行った。

調査は、1993年から2012年1月末までに日本の特許庁で公開された関連特許3699件が対象。個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を、現在、2005年末の2つの時点で実施。各時点での競合状況を特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」を集計した。

調査の結果、1位アイシン精機、2位パナソニック、3位デンソーとなった。

上位にランクされた各企業は、2005年から現在までの期間において件数と特許総合力共に大きく増加させている。

1位アイシン精機の注目度の高い特許には、後方画像と走行予想軌跡を合わせて表示して駐車時の操作補助をする「駐車補助装置」が挙げられる。アイシン精機の出願特許140件のうち122件が現在も有効となっており、この分野の注力度合いが窺える。

2位パナソニックの注目度の高い特許には、車両の後退時におけるハンドルの舵角の変化や車体障害物に対応した「運転操作補助装置」などが挙げられる。

3位デンソーは、道路構成に基づき車両周辺画面の表示切替えを行う「車両周辺表示制御装置」などが、4位日産自動車は、車両周囲の障害物の有無に応じて表示切替する「車両用周辺監視装置」などが、5位トヨタ自動車は、センサノイズの影響がないため、動きの小さな歩行者も精度良く検出可能な「物体検出装置」などが注目度の高い特許として挙げられる。

6位以下では、アイシン・エィ・ダブリュ、住友電気工業、富士通テン、本田技研工業、三菱電機、矢崎総業等の企業が上位にランクされている。

パテントリザルト 車両用周辺監視技術 特許総合力トップ5 パテントリザルト 特許・技術調査レポート 『特定技術分野の競合分析:車両用周辺監視技術』