エヴォーラをベースにMANSORY社がカスタマイズを担当したロータス・ビスポーク(ジュネーブモーターショー11)

英国ロータスカーズは26日、ドイツのMANSORY社をロータスカーズの公式カスタマイズスタジオに指名。9月のパリモーターショー12において、最初のカスタマイズ市販車を初公開すると発表した。

ロータスカーズは2011年3月、ジュネーブモーターショー11にコンセプトカーのロータス『ビスポーク』を出品。ドイツに本拠を置くMANSORY社との共同プロジェクトで、『エヴォーラ』をベースにカスタマイズを施した1台が展示された。

今回ロータスカーズは、MANSORY社をロータスカーズの公式カスタマイズスタジオに指名。MANSORYは、フェラーリやポルシェなどのスポーツカーから、ロールスロイスやベントレーといった高級車まで、幅広くカスタマイズを手がけていることで知られる。

今回の発表により、ロータスカーズはより一層、顧客のカスタマイズニーズに応えていく方針。なお、2012年9月のパリモーターショー12では、MANSORY社が手がけた最初のカスタマイズ市販車を初公開する計画だ。

ロータスカーズの親会社、グループロータスのWolf Zimmermanチーフテクニカルオフィサーは、「MANSORY社はカスタマイズ分野のリーダー的存在。公式パートナー契約を結ぶことで、顧客が望む高いクオリティのカスタマイズ提供が可能になる」と語っている。

エヴォーラをベースにMANSORY社がカスタマイズを担当したロータス・ビスポーク(ジュネーブモーターショー11)