ランクセスのペーター・ワインマール社長(向かって右)

ドイツ・ランクセスの日本法人であるランクセスのペーター・ワインマール社長は、「ランクセスは日本市場を非常に重要視している」と述べ、日本市場に注力していく方針を示した。

同社によると2011年11月にミュンヘン工科大学に依頼し発表した「ラベリング制度とエコタイヤ」に関する調査では、日本のエコタイヤの市場シェアは、2020年までに70〜80%まで拡大するとの予測結果となった。

2010年1月から業界自主基準として世界に先駆けて導入されたタイヤラベリング制度で低燃費タイヤの認知度が上がり、2011年末に乗用車用夏タイヤに占める低燃費タイヤ比率は20%を占めるまでに成長している。

低燃費タイヤ向けの材料を製造するランクセスは、こうした動きに注目するとともに「日本が自動車・タイヤ産業で世界市場を牽引する企業が多数存在しており、ランクセスにとって重要な市場」と見て、環境に関する意識の高い日本市場に環境対応型の製品群を積極的に提供していくとともに、主要な顧客と環境分野でパートナーシップを強化し、最新技術・ソリューションの開発などにも注力する構え。