三菱重工は26日、グループ会社の三菱重工コンプレッサ(MCO)が、国際石油開発帝石(INPEX)の進めるオーストラリアのイクシス液化天然ガス(LNG)開発プロジェクト向けコンプレッサ9台および駆動用モーター7台を受注したことを発表した。

LNG生産プラントの中核機器として、日本企業が主導する初の大型LNG開発事業の一翼を担うもので、2013年8月から順次納入する計画。

今回のコンプレッサおよび駆動用モーターは、同プロジェクトで陸上LNGプラントの設計・調達・建設を担当するJKCイクシスLNGジョイントベンチャーから受注したもの。同社は、日揮、千代田化工建設および米国KBR社からなる企業連合。取扱商社は第一実業。

イクシスLNGプロジェクトは、操業主体となるINPEXと、フランスの総合石油エネルギー企業であるトタル社との共同事業。西豪州沖合200kmに位置するブラウズ堆積盆のイクシスガス・コンデンセート田から産出される天然ガスを、沖合で水分除去やコンデンセート分離処理。889kmの海底パイプラインを通じて豪州北部準州のダーウィンに建設する陸上プラントに運ぶもので、生産量はLNG約840万トン/年、LPG約160万トン/年、コンデンセート約10万バレル/日(ピーク)。

MCOのコンプレッサは、天然ガスからLNGを生産する工程を効率的に支えるとともに、LNG/LPGタンク内で気化したガスを燃料ガスとして再利用するのにも一役買うこととなる。

なお、今回のプロジェクトでのLNG年間生産量は、日本のLNG年間輸入量の1割強に相当。約7割が日本へ輸出され、エネルギーの長期安定供給や供給源の多様化などの観点から極めて重要な意義を持つ。