ダイセルポリマーは、タイで自動車、家電向け樹脂コンパウンド製品の販売強化や市場開発を拡充するため、4月に新会社「ダイセルポリマー(タイランド)」を新設すると発表した。

タイは従来、シンガポールにあるグループ企業のダイセル(アジア)が営業活動を展開してきた。日系自動車メーカーがタイで生産を拡大しているのに対応して営業力を強化するとともに、サービスの充実を図るため、現地法人を設立する。

樹脂コンパウンド製品の製造は従来と同様、現地の日系コンパウンドメーカーに製造委託する。

一方、ダイセルポリマー(タイランド)は、タイがインドとFTA(自由貿易協定)を締結しているのを有効利用し、タイ同様に成長が続くインド自動車市場を開発する役割も担う。