事故 イメージ

福岡県警は22日、福岡県福岡市東区内でバイクを酒気帯び状態で運転していたとして、同区内に在住する26歳の男を道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕した。検問を突破し、逃走していたという。

福岡県警・粕屋署によると、道交法違反で逮捕された男は、福岡市東区美和台付近の市道でバイクを飲酒運転した疑いがもたれている。

同署が新宮町内で行っていた飲酒検問で男は警官の指示に従って停車。アルコール検知にも応じたが、結果が出る前に制止する署員を振り切って逃走。待機していたパトカーがただちに追跡を開始し、約2km先で抑止したという。

男の呼気からは高濃度のアルコール分を検出。調べに対しては「勤務先の飲食店で客に勧められ、ビールを中ビン1本と梅酒ロックを2杯飲んだ」などと供述しているようだ。