マツダ本社

マツダは、第三者割当による新株式発行で、割当先であるSMBC日興証券から発行する予定の全ての株式数を応募するとの通知を受けたと発表した。

同社は公募増資とともに、第三者割当増資で1億1925万株を発行する予定だったが、SMBC日興証券が全て引き受ける。1株当たり118.88円で払込金総額は141億7644万円となる。

今回の第三者割当増資で同社の発行済み株式総数は29億9937万7399株となる。

今回の第三者割当増資と公募増資で調達する資金は概算で合計1442億0772万円については、400億円を2013年度に稼働を開始するメキシコの車両・エンジン組立工場の建設等を目的とする投融資資金、ロシア、アセアンに今後新たに設立する持分法適用会社の設備投資を目的とする投融資資金に充当する予定。

また、300億円を環境・安全対応車の製造設備投資資金に、742億0772万円を内燃機関の環境性能の向上と電動化技術を適用拡大する次世代環境・安全技術開発に向けた研究開発費に充当する予定。

マツダCX-5