ホンダCBR250Rわんおふ仕様(東京モーターサイクルショー12)

アニメやゲームのキャラクターがデカデカと描かれたクルマ「痛車」は、すでにカスタムのジャンルとして市民権を得ている。これをバイクに適用したものは、4輪車のそれと区別して「痛単車」と呼ばれている。

東京モーターサイクルショー12のホンダモーターサイクルジャパンブースには、なんとホンダが手がけた「痛単車」が展示されていた。ベース車両は『CBR250R』だ。これは、現在ホンダが人気クリエイターと共に制作しているアニメ『わんおふ -one off-』を紹介するために企画されたバイク。アニメは2012年内にDVDとブルーレイで発売される予定。

物語の主人公は、のどかな高原に暮らす女子高生「汐崎春乃」。彼女はバイクを愛する友人たちと出会ったことをきっかけに、大切なものを見つけていく。思春期の少女たちの日常と、その成長を描いた青春ストーリー。

この作品のなかでは、何台かのホンダのバイクが登場するそうだ。ちなみに、主人公・汐崎春乃が作中で乗っている愛車は『ジョルノ』。

なお、アニメの監督を務めるのはアニメ『ケロロ軍曹』や『たまゆら〜hitotose〜』などを手がけた佐藤順一監督。キャラクター原案はゲーム『サモンナイト』やアニメ『シゴフミ』を担当したイラストレーター黒星紅白氏。アニメーション制作はTYOアニメーションズで、音楽はフライングドッグが制作する。

『わんおふ -one off-』公式サイトではPV第一弾が公開されているが、まだキャラクターは声があたっておらず、BGMが流れるだけだ。今後の展開も注目したい。

ホンダCBR250Rわんおふ仕様(東京モーターサイクルショー12) ホンダCBR250Rわんおふ仕様(東京モーターサイクルショー12) ホンダCBR250Rわんおふ仕様(東京モーターサイクルショー12) ホンダCBR250Rわんおふ仕様(東京モーターサイクルショー12) ホンダCBR250Rわんおふ仕様(東京モーターサイクルショー12) ホンダCBR250Rわんおふ仕様(東京モーターサイクルショー12)