RES太陽光発電所

明電舎は、ブルガリアに建設された21MW太陽光発電所にパワーコンディショナを納入したと発表した。

ブルガリアでは、韓国のSDNカンパニーによって建設された21MWのRES太陽光発電所か?2012年2月に運転を開始、明電舎は同発電所向けに、太陽光発電用パワーコンディショナ250kW機を84台納入した。また、SDNカンパニーによって建設され、すでに昨年夏に運転を開始しているブルガリア内の5MWオスター・カマック太陽光発電所にも20台納入した。

今回納入した明電舎の太陽光発電用パワーコンディショナ『SP100シリーズ』は、国際規格であるIEC規格に準拠しており、変圧器内蔵タイプとして世界最高水準の効率97%を達成している。

明電舎は今後も、再生可能エネルギー分野の製品・技術開発と拡販に積極的に取り組むとしている。