アイシン・エィ・ダブリュは23日、中国市場における需要拡大に対応するため、中国天津市に100%出資のAT生産会社を設立するとを発表した。

同社はAT生産会社として、2004年に中国天津市に天津AW、昨年4月に蘇州市にAW蘇州を設立。今回の新会社は中国の生産拠点として3社目となります。

新会社は資本金1億米ドル(約82億円)、生産能力は約40万台/年で、2014年末頃の稼働を予定している。