フォルクスワーゲンE-ゴルフのプロトタイプ

フォルクスワーゲンは20日、『ゴルフ』のEVプロトタイプの車名を『E-ゴルフ』に変更するとともに、米国で同車を使った実証実験を行うことを明らかにした。

E-ゴルフは、現行ゴルフがベースのEVプロトタイプ、『ゴルフ・ブルーeモーション』のネーミングを変更したモデル。モーターは最大出力115ps、最大トルク27.5kgmを発生。二次電池は蓄電容量26.5kWhのリチウムイオンバッテリーで、最高速は140km/h、1回の充電で最大150km走行できる。

フォルクスワーゲンの発表によると、E-ゴルフは4月から、米国のデトロイト、サンフランシスコ、ワシントンの各都市で実証実験をスタート。実験の期間は9か月で、そこから得たノウハウを、次期ゴルフに設定する市販EVに反映させる計画だ。

フォルクスワーゲングループのEV研究開発担当、ルドルフ・クレブス副社長は、「実証実験では一般ユーザーが日常的にEVを使う場合を想定して、各種性能を確認していく」と述べている。

フォルクスワーゲンE-ゴルフのプロトタイプ フォルクスワーゲンE-ゴルフのプロトタイプ フォルクスワーゲンE-ゴルフのプロトタイプ フォルクスワーゲンE-ゴルフのプロトタイプ