向かって左から円谷プロダクション大岡新一代表取締役社長、福島県警小笠原和美警務部長、ウルトラマン。(c)円谷プロ

全国の都道府県警察からの特別出向者から成る福島県警『ウルトラ警察隊』に協力した円谷プロダクションに対し3月22日、感謝状が贈呈された。

福島県警察では、東日本大震災後の県内の治安を守るため、全国22の都道府県警察からの特別出向者計350名で編成される『ウルトラ警察隊』(ULTRA POLICE FORCE)が2月に発隊した。円谷プロ創業者・円谷英二が福島県出身であることから、同県にゆかりのある円谷プロが、ウルトラマンをモチーフとしたシンボル・ロゴの制作・使用について協力した。

これに対し3月22日、福島県警察本部小笠原和美警務部長が円谷プロダクション本社(東京都渋谷区)を訪問し、福島県警松本光弘本部長からの感謝状が贈呈された。

ウルトラ警察隊は、他県から出向して福島県で任務にあたる隊員が、遠い星からやってきて地球を守るウルトラマンとイメージが重なることから、市民に親しみを持たれるよう、その愛称がつけられた。隊員はウルトラマンをモチーフとしたシンボル・ロゴを用いた缶バッジと、銀と赤のウルトラマンカラーの腕章を着用。さらにパトロールカーにもシンボル・ロゴが貼付されている。

福島県警小笠原警務部長は「特別出向者の編成にあたって、福島の人にとって特別な存在であるウルトラマンをイメージしたかった」とコメント。

「発隊前は、出向者がどう受け止めるか心配していたが、発隊式を迎えると非常に喜んでもらえた。また隊員たちが戸別訪問している仮設住宅の住民からも、“遠いところから来てくれたヒーロー”ということが一目瞭然で、ありがたいとの声を頂いている。子供たちが外で遊ぶのが難しい状況で、ヒーローの存在を感じて一緒に戦っているという気持ちは、子供たちの力になる」

ウルトラ警察隊(ULTRA POLICE FORCE)シンボル・ロゴ(c)円谷プロ