メルセデスベンツGLKの2012年モデル

ダイムラーは22日、メルセデスベンツ『GLK』の2012年モデルの概要を明らかにした。実車は4月、米国で開催されるニューヨークモーターショー12で初公開される。

GLKは2008年、メルセデスベンツの小型SUVとして登場。2012年モデルでは、デビュー以来、初の大がかりな改良が施された。

外観は、フロントのフェイスリフトを実施。新デザインのバンパーやLEDデイタイムランニングライトが採用され、ヘッドライトにはLEDが組み込まれる。テールランプやアルミホイールも新デザインだ。

インテリアは、ダッシュボードのデザインを見直した。新型『Aクラス』に採用された丸型の空調ベンチレーションが目を引く。素材や内装色も変更。新デザインのスポーツシートや最新のマルチメディアシステムも用意される。

メカニズム面では、ガソリンエンジンのトップグレード、「GLK350 4マチック・ブルーエフィシエンシー」がパワーアップ。3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンは、最大出力306ps、最大トルク37.7kgmを発生。従来よりも34psパワーアップしている。

メルセデスベンツGLKの2012年モデル メルセデスベンツGLKの2012年モデル メルセデスベンツGLKの2012年モデル メルセデスベンツGLKの2012年モデル メルセデスベンツGLKの2012年モデル メルセデスベンツGLKの2012年モデル